BASE-FURNITURE-木工教室&創作家具

大阪市鶴見区の木工教室です。本格技能コース、ナチュラルコース、DIYコースからお選び頂けます。貴方の「作りたい」を形にしませんか?
 06-6180-8366
お問い合わせ

教室のご案内

教室について

ご案内

◇教室開講曜日:月、火、木、金、土、日(月によって異なります。詳しくはカレンダーをご覧下さい。)※日曜日は月のおおよそ半分くらい開講しております。また水曜日が定休日となっておりますが、ご都合が水曜日が良い方はご相談下さい。

◇教室開講時間:1部 9:30~12:30 2部 13:30~16:30

◇受講費(各部)3,000円 1部と2部を続けての受講は、5,000円 

◇対象年齢:16歳以上(18歳未満の方は保護者の同意書が必要となります)

◇服装:動きやすく汚れても良い服装、運動靴。

◇持ち物:筆記用具、マスク、タオル、エプロン等、1部と2部を続けての方は昼食(近くにコンビニもございます)

◇木材について:持ち込み可能です。  (こちらが木工機械にて加工する場合は加工費を頂きますので、予めご了承下さい。)

◇保管料:手道具等は無料で保管いたしますが、大きな作品については別途頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

◇教室でのケガ:各自の自己責任とさせて頂きます。

※ご予約について:来られた時に、次回の予約を聞いております。

  また、予定が立たない場合は、後日連絡頂いております。

※ご予約は先着順となっております。(1部、2部、各4名まで)

※予約のキャンセルについて:キャンセル料はありません。必ずご連絡下さい。

本格技能コース

プログラム

◇のみ、カンナ等を使用し刃物研ぎ、ほぞ、組み手等、木工技術を学びます。

◇最初の課題:道具箱 教材費:5,000円(広葉樹を使用)

◇2作品目以降:簡単な組手を使った小箱〜スツールまでと、段階的に上達が出来る課題をご用意しております。

   課題以降は、自由製作となっておりますが、課題途中に簡単な物であれば、製作する事も可能です。

◇基本的に手道具、手作業での製作になりますが、課題を終了されましたら、木工機械をご使用いただけます。

◇入講道具費:20,000円(導突鋸、両刃鋸、玄翁、スコヤ、白柿、毛引、他) 

※お持ちの道具がございましたら、ご相談下さい。

◇入講道具費、教材費とは別に受講料が必要です。

ナチュラルコース

プログラム

◇ナチュラルでカントリー調な家具や、DIYより一歩先行く作品を製作

◇最初の課題:道具箱 教材費:3,000円

◇2作品目以降:自由製作 材料費:別途ご相談

◇基本的に手道具、手作業での製作になりますが、作品により電動工具を使用して頂けます。

◇入講道具費:12,000円(鋸2種類、替刃式カンナ、玄翁、スコヤ、白柿、他) 

   ※お持ちの道具がございましたら、ご相談下さい。

◇入講道具費、教材費とは別に受講料が必要です。

 

DIYコース

プログラム

◇壁紙の貼り方から、簡単な家具の作り方、プチリフォームまで

◇入構道具費はありませんが、授業で使用した消耗品、材料費がかかります。

◇ご自身で考えた家具の材料をホームセンター等で購入されたが作り方に自信の無い方、材料をお持ち頂ければサポート致します。(もちろん教室で材料の購入も可能です。)

◇材料費とは別に受講料が必要です。(受講料は他のコースと同じです。)

◇まずは、貴方のやりたい事、やってみたい事をご相談下さい。

 

※初回費用

費用について

初回の費用は各コースの入講道具費(ナチュラルコース 12,000円 本格技能コース 20,000円)+教材費(ナチュラルコース 3,000円 本格技能コース 5,000円)+受講費用(各部3,000円 1部と2部続けての場合は5,000円)の合計金額になります。なので、2回目以降は、作品が出来上がるまで、受講料のみになります。

 

例えば、ナチュラルコースで1部のみの受講の場合の初回費用は、12,000円+3,000円+3,000円で18,000円となり2回目からは受講費(3,000円又は5,000円)のみとなります。

 

※課題の作品が出来次第、ご希望の作品づくりにかかる材料費は、各自でご用意頂いた場合はもちろん費用はかかりませんが、製材が必要な場合は製材費を頂きます。

※各コースの入講道具費に入会費も含まれております。

※上記費用は税別価格となっており、別途、消費税がかかります。

申し込み方法

申し込み方法

一度、教室へ見学に来て頂いてからお申し込み頂いておりますが、ホームページや、メール、お電話でも受付しております。

※お電話にてお問い合わせの場合、機械の騒音等で聞こえず、電話に出られない場合がございますので、何度かご連絡頂けると幸いです。

1
2018.11.17 Saturday